業績一覧

 

1.学術論文(査読有り)、書籍出版など」

【原著論文】

l  Yokoyama M, Kubota Y, Kikuchi K, Yagawa G and Mochizuki O, Some remarks on surface conditions of solid body plunging into water with particle method, Advanced Modeling and Simulation in Engineering Sciences Vol.1:1 (2014) pp.1-14.

l  横山真男, 菊地 謙次, 窪田 佳寛, 望月修,物体壁面の表面性状を考慮した流れのシミュレーション, 日本流体力学会誌「ながれ」, Vol.32 (2013) pp.319-326

l  Masao YOKOYAMA , Satoko YAMAKAWA and Osamu MOCHIZUKI, Influence of setae on earthworm-like robot on peristaltic propulsion, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.59, 2011

l  Masao Yokoyama, Osamu Mochizuk, Effects of forced synthetic vibration on mixing in a flexible container installed in a μ-TAS, Sensors and Actuators, Physical A, 2010, A 163 (2010) pp.393–400

l  Masao Yokoyama, Osamu Mochizuki, Deformation of a fluid-filled compliant cylinder in a uniform flow, Journal of Fluids and Structures, 25 (2009) pp.1049-1064

l  横山真男, 望月修,外部流によって変動を受ける柔軟壁をもつ物体の変形と内部流れ, 日本流体力学会誌「ながれ」, Vol.27 (2008) pp.329-336

l  横山真男, 青山一美, 菊池英明, 帆足啓一郎, 白井克彦, 人間型ロボットの対話インタフェースにおける発話交替時の非言語情報の制御, 情報処理学会論文誌, Vol.40 (1999) No.2 pp.487- 496

 

【書籍・出版作品】

l  Yokoyama, M., Murotani, K., Yagawa, G., and Mochizuki, O,. Some Considerations on Surface Condition of Solid in Computational Fluid-Structure Interaction. In Numerical Simulations of Coupled Problems in Engineering (2014) pp. 171-186, Springer International Publishing.

l  横山真男, コンサート&パーティーで弾く弦楽四重奏 ポピュラー&クラシック 〜愛の喜び〜 (2014) ヤマハミュージックメディア.

l  横山真男, ふるさと(弦楽合奏版)、草津節の主題によるラプソディ (2014) ホッタガクフ.

l  横山真男, Selection of Piazzolla for Piano Trio (2016) ホッタガクフ.

 

【解説】

l  Yokoyama M., Mochizuki O., Yagawa G., Surface Condition of Solid in Splash Formation. IACM expressions No.34 (2014) pp.2-5.

l  横山真男, ヴァイオリンの音色研究, 可視化情報学会誌,vol.35, 136 (2015) pp.17-22.

 

【学位論文】

l  流体中における柔軟物体の挙動に関する研究, 東洋大学, 2009

 

 

2. 国際会議」

 

l  Masao YOKOYAMA, Yoshiki Awahara, Genki YAGAWA, Relation between violin timbre and harmony overtone, ASA-ASJ Joint Meeting 2016, Honolulu, USA 2016.

l  H. Hirayama, Y. Satoh, K. Takahasi and M. Yokoyama, Multimedia Improvisation for brain waves, cello and live electronics, iCLA Music and the Brain Symposium 2016, Yamanashi, Japan, 2016.

 

l  Youhei SETA, Masao YOKOYAMA, Mitsunori MAKINO, Genki YAGAWA, Application of Particle Method to Liquid Dripping, WCCM XII, Seoul, Korea, 2016.

l  M. Yokoyama, K. Murotani, O. Mochizuki, G. Yagawa, Numerical and experimental study on splash formation with consideration of the surface condition of solid wall, IV th Conference on Particle-Based Methods (PARTICLES 2015), Barcelona, Spain, 2015.

l  M. Yokoyama, Y. Seta, K. Murotani, G. Yagawa, 3D simulation considering surface condition of wall in particle method, VI th International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering (COUPLED PROBLEMS 2015), Venice, Italy, 2015.

l  Masao Yokoyama, Kohei Murotani, Genki Yagawa and Osamu Mochizuki, Fluid-Structure Interaction Analysis with Slippery Mucus Skin, 11th World Congress on Computational Mechanics, Barcelona, Spain, 2014.

l  M. Yokoyama, K. Murotani, K. Kikuchi, G. Yagawa, O. Mochizuki, How deal with slippery surface between fluid and structure in particle method?, 16th International Symposium on Flow Visualization, Okinawa, Japan, 2014.

l  Genki Yagawa, Masao Yokoyama, and Osamu Mochizuki, How should we deal with surface properties of plunging body to calculate water splash?, 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics 2013, Plenary lecture, Singapore, 2013.

l  Genki Yagawa, Masao, Yokoyama and Osamu Mochizuki, Computation and Experiment on Splash Formation by Solid Body Plunging into Water, Coupled Problems in Science and Engineering, Ibiza, Spain, Plenary lecture, 2013.

l  Masao Yokoyama, Yoshihiro Kubota, Kenji Kikuchi, Osamu Mochizuki and Genki Yagawa, Effects of slip condition on flow near the surface of hydro-gel, Coupled Problems in Science and Engineering, Ibiza, Spain, 2013.

l  Masao Yokoyama, Yoshihiro Kubota and Osamu Mochizuki, Effects of wall condition of a plunging body on splash, ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, Hamamatsu, Japan, 2011.

l  Masao Yokoyama and Osamu, Mochizuki, Deformation and Internal Flows of a Cylinder with a Flexible Wall Oscillated by an External Flow, 12th Asian Congress of Fluid Mechanics, Daejeon, Korea, 2008.

l  Masao Yokoyama and Osamu Mochizuki, Deformation of a Soft Capsule in a Uniform Flow, 7th Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration, Proceedings, 2007.

l  Aoyama, K., Yokoyama, M., Kikuchi, H., Shirai, K., Controlling non-verbal information in speaker-change for spoken dialogue. Systems, Man, and Cybernetics, 2000 IEEE International Conference, Vol. 2, pp. 1354-1359, 2000.

l  Masao Yokoyama, Kazumi Aoyama, Hideaki Kikuchi, Katsuhiko Shirai, Use of non-verbal information in communication between human and robot, ICSLP-1998, paper 0491, Sydney Australia,1998.

l  Kikuchi, H., Yokoyama, M., Hoashi, K., Hidaki, Y., Kobayashi, T., Shirai, K., Controlling gaze of humanoid in communication with human. In Intelligent Robots and Systems, 1998. Proceedings. 1998 IEEE/RSJ International Conference Vol. 1, pp. 255-260, 1998.

 

 

「国内学会発表」

【音楽・音響分野】

l  横山真男, 粟原義己, バイオリンの音色に関する印象語と音響特徴の相関分析の試み, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.9.

l  横山真男, 演奏家の音楽表現 ビブラートのかけ方〜音響分析と運動解析, 日本学術会議計算音響学小委員会, 2016年第5, 2015.7.

l  粟原義己, 横山真男, アンティークバイオリンの音色特徴分析, 音学シンポジウム2016, 2016.5.

l  川村大地,横山真男, 限定進行音の解決感のメカニズム, 情報処理学会第78回全国大会講演論文集, 2016.3.

l  粟原義己, 横山真男, アンティークバイオリンの音色特徴分析, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.3.

l  横山真男, 現代音楽のための黄金比を用いた新音律の提案と評価, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.9.

l  横山真男, 黄金比による音律で調弦した音楽, 研究報告音楽情報科学(MUS,2015-MUS-107(14), pp.1-6, 2015.5.

l  横山真男, 斉藤勇也, ヒットチャートランキング上位に入る楽曲の特徴分析, 研究報告音楽情報科学(MUS), 2015-MUS-106(22), pp.1-6, 2015.2.

l  川原慎也, 横山真男, 歌声におけるビブラート解析, 日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集, pp.1017-1018, 2014.3

l  長田将弥, 横山真男, 自然法則を用いて算出した音律の創造の試み. 情報処理学会研究報告.[音楽情報科学], 2014.23: pp.1-7, 2014.2.

l  横山真男, アコースティックチェロとサイレントチェロの音質の違いの調査, 41回可視化情報シンポジウム, 2013.7

l  横山真男, ヴァイオリン弓の製作者のモデルの違いによる操作性の研究, 音学シンポジウム2013, 情報処理学会音楽情報科学研究会第99回研究発表会, 2013.5.

l  下田亮介, 横山真男, アコースティックチェロと電子チェロの音質の違いの検証, 情報処理学会音楽情報科学研究会第98回研究発表会, 2013.5

l  横山真男, 岩谷大樹, ヴァイオリン弓のモデルと材質の違いによる操作性, 2013年春季研究発表会, CD-ROM, 2013.3

l  下田亮介, 横山真男, アコースティックチェロとサイレントチェロの音質の違い, 2013年春季研究発表会, CD-ROM, 2013.3

l  安藤竜生, 横山真男, トイレの流水音と音楽ジャンルの相性の検討, 情報処理学会第75回全国大会, 2013.3

 

【コミュニケーション・インターフェース関係】

l  齊藤克佳,瀬田陽平,横山真男, HMDLeapMotionを用いたネットワーク型バーチャルプラネタリウムの開発, 情報処理学会第78回全国大会講演論文集, 2016.3.

l  渡辺大樹, 瀬田陽平, 横山真男, HMDLeap Motionを用いた指差し天体観測システムの開発, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集,2015(1), pp.651-653, 2015.3. (学生奨励賞)

l  林健司, 横山真男, 顔文字付き電子メールにおける視覚障害者のための感情伝達方法の検証, 情報処理学会第75回全国大会, 2013

l  横山真男, 青山一美, 菊池英明, 白井克彦, 人間とロボットのコミュニケーションにおける非言語情報の利用. 情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理, 98(49), 69-74, 1998

l  青山一美, 横山真男, 菊池英明,白井克彦, 人間型対話インタフェースにおけるまばたき制御の検討, 人工知能学会全国大会論文集, Vol. 12, pp. 242-245, 1998.

l  横山真男, 菊地英明, 白井克彦, 複数ユーザとロボットの対話における非言語情報の役割, 日本音響学会講演論文集3-1-13, pp.111-112, 1997

l  横山真男, 帆足啓一郎, 荒井大輔, 菊地英明, 白井克彦, ロボットとの対話における非言語情報の役割, 人工知能学会第11回全国大会論文集, pp433-436, 1997

l  帆足啓一郎, 横山真男, 荒井大輔, 安藤義範,& 白井克彦, 人間型対話ロボットにおける非言語情報の役割. 情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理, 97(16), 67-73, 1997

l  森川恵美, 横山真男, 杉田洋介, 白井克彦, 対話の状態変化における統計的モデル化, 情報処理学会研究報告, SLP, 音声言語情報処理, 97(16), 131-137, 1997.

l  中里収, 横山真男, 白井克彦, 発話文を単位としたワードスポッティングによる意図抽出機構, 日本音響学会研究発表会講演論文集 1996(2), pp.23-24, 1996.

 

 

【数値流体シミュレーション分野】

l  横山真男, 瀬田陽平, 矢川元基, 容器口の形状に着目した液だれ防止方法の提案, 日本流体力学会年会, 2016.9.

l  瀬田陽平, 横山真男, 牧野光則, 矢川元基, 界面張力を考慮した粒子法による容器口から流れる液垂れの数値シミュレーション, 日本機械学会第29回計算力学講演会(CMD2016), 2016.9.

l  横山真男, 室谷浩平, 瀬田陽平, 矢川元基, 粒子法による粒子間インタラクションに着目した大規模数値シミュレーション, 粒子法コードユーザーグループ第33回会合, 2016.3

l  横山真男, 室谷浩平, 矢川元基, 粒子法によるミルククラウンの大規模数値シミュレーション, 日本機械学会第28回計算力学講演会(CMD2015), 2015.10.

l  瀬田陽平, 横山真男, 牧野光則, 矢川元基, 容器の縁形状を考慮した液だれの数値シミュレーション, 日本機械学会第28回計算力学講演会(CMD2015), 2015.10.

l  横山真男, 野村和希, 望月修, 水底の形状変化を用いた水滴落下による騒音の緩和, 流体工学部門講演会講演論文集2014, 2014.10.

l  横山真男, 菊地謙次, 窪田佳寛, 望月修, ハイドロゲル境界付近の流れの数値シミュレーション, 日本流体力学会年会, 2012.9

l  横山真男, 窪田佳寛, 望月修, 突入物体の表面性状を考慮したスプラッシュの数値シミュレーション, 日本機械学会2012年度年次大会, 2012.9

l  横山真男, 菊地謙次, 望月修, 突入物体の表面性状を考慮したスプラッシュの数値シミュレーション, 日本機械学会第25回計算力学講演会, 2012.10

l  横山真男, 菊地謙次, 窪田佳寛, 望月修, 生体を模擬したハイドロゲル壁面近傍における流れの数値シミュレーション, 可視化情報学会全国講演会姫路2012.10

l  横山真男,窪田佳寛,望月修,突入物体の表面性状とスプラッシュ,60回理論応用力学講演会, 2011

l  横山真男, 窪田佳寛, 望月修, 突入物体の表面性状とスプラッシュ, 流体工学部門講演会講演論文集, pp.359-360, 2010

l  横山真男,望月修,柔軟壁面の強制振動によるカオス的混合シミュレーション,日本流体力学会2009年年会

l  横山真男,望月修,やわらかい物体の変形と流れ,第二回共生ロボット研究センターシンポジウム, 2007

l  横山真男, 望月修,流体中における柔軟物体の運動シミュレーション, 年次大会講演論文集JSME annual meeting, Vol. 2007, No. 6, pp. 111-112, 2007.

l  横山真男, 望月修, 柔軟物体の運動シミュレーション, 流体工学部門講演会講演論文集, 2006.

l  横山真男,望月修,柔軟物体の運動シミュレーション,第7回東洋大学工業技術研究所講演会

 

【生体関係】

l  横山真男,望月修,蠕動運動における剛毛の影響,第59回理論応用力学講演会, 2010

l  横山真男, 望月修, 管路内を進むミミズ型ロボットの運動シミュレーション, 計算工学講演会論文14.1, pp.5-8, 2010.

 

 

【特許提案】

横山真男, 「移動無線端末」特許出願2000−196870

 

【テクニカルレポート】

【無線通信・ネットワーク関係】

携帯電話端末に関する設計関連(3編、非公開)

【音声認識】

横山真男, 清水徹, 単語グラフ密度を用いた連続音声認識系の性能評価法の検討, TR-IT-0186, ATR音声翻訳通信研究所テクニカルレポート

 

「企業における設計書」

携帯電話端末、カーナビゲーションシステム、業務系Webアプリに関する各設計書(12編、非公開)