Top page Contents English

音楽と楽器、数値流体シミュレーション、ヴァーチャルリアリティの研究室

音楽(アート)と情報学とのコラボについて研究中!! また、数値シミュレーションによる流れの解析やヴァーチャルリアリティによるインタフェースについても研究しています。

音楽と楽器の研究
Instrument & Music

ヴァイオリンの音色分析、 ビブラートの音響・運動解析、 カオスと自然法則を用いた作曲、 演奏会用作品、 楽曲解説、 ヒット音楽の解析 など

流れのシミュレーション
Fluid Numerical Simulation

粒子法(MPS)による流れ解析、 物体の表面の特性を考慮した流れ場のシミュレーション、 スプラッシュと液だれのシミュレーション、 ハンバーガーやサンドイッチの美しい食べ方 など

インタフェース
&ヴァーチャルリアリティ
Human Interface & Virtual Reality

Kinect・ReapMotion・Unityを組合わせたヴァーチャル・プラネタリウム、 ボーリングのパーフェクト・ストライク理論の検証、ロボットとの対話 など

Topics

液だれの解消方法を発表しました!
流体力学会の2016年全国講演会@名古屋工業大学
(発表資料はこちら
従来の容器の注ぎ口は尖った形状で液切れを良くしていましたが、本研究では丸まった口でも溝をいれることで 撥水性があがり液だれがほぼ起きなくなります

溝の形状はまだ研究の余地がありますが、リンクの資料にある結果からは注ぎ口の形状によらず、 容器口の外壁面に溝をいれることでかなりの効果が期待できます。イノベーションジャパン2016でも出展しましたが、 食器や食品飲料容器だけでなく、液体の注入機器やハンダ、溶接、バイオなどの分野でも活用できそうとのご意見をいただきました。

詳しくはこちらのページ ※特許出願、開発・提携企業募集中


・明星大学情報学部(大学HP)准教授

・ゼミ生によるブログ
 週刊ゼミ報告

・音楽の話題のブログ(先生のきまぐれ)
 音楽の勉強しちゃおうかなっと。

・所属学会

 情報処理学会、可視化情報処理学会、日本機械学会、日本流体力学会、日本音響学会
 各正会員。

・論文など
 業績リスト

(c) M.Yokoyama